【開催報告】9月14日(火): 自分の視点で、日本と中国を見つめる:これからの日中関係 -東アジア平和大使プロジェクトv.5-[オンライン]

9月14日(火)に、東アジア平和大使プロジェクトv.5をオンラインにて開催しました。


今月より中国社会についての回となり、

スピーカーは「清華大生が見た 最先端社会、中国のリアル」著者の、夏目さんをお迎えしました。


詳細の報告は企画責任の長川のブログよりご参照ください。


以下は概要となります。


=============

開催概要

=============


■テーマ🎵 

自分の視点で、日本と中国を見つめる:これからの日中関係


約14億人の人口を抱え、日本における外国人で一番大きな割合を占めるのが、私達の隣国、中国。

経済、文化、学術と様々な交流がある日中ですが、


日本国内の内閣府による世論調査では、中国に「親しみを感じない」とする割合が半数を上回っています。


私達がもっている中国という国や人に対して、

一人の若い世代の目から、もう一度一緒に見つめなおしてみる機会とします。


■日時🎵 

9月14日(火)

20:00-21:30 (JST)


■開催形態 🎵 

オンライン:zoom

ゲストトーク+インタラクティブセッション


■リソースパーソン(敬称略)🎵

夏目英男(なつめひでお)


1995年東京生まれ、北京育ち。幼少期の大半を中国で過ごし、2013年中国・清華大学に進学。2017年清華大学法学院及び経済管理学院(ダブルディグリー)を卒業後、同大学院公共管理学院(公共政策大学院)に進学。卒業後、日本の政府機関で日本と中国をつなぐ事業に従事する傍ら、中国の若者トレンドや中国テックなどについての記事を執筆。現在は日本の独立系VCのEast Venturesにて投資先の支援業務などを行う。著書に「清華大生が見た 最先端社会、中国のリアル」など、執筆活動も精力的に行っている。


==============

日中関係についての参加者の認識

==============


今回は約10名の方にご参加頂きました。

夏目さんのお話の前に、

毎回恒例の参加者の日中関係についての認識をポール機能で聞きました。

結果は以下となります。

※回答するかしないかは任意。


1.中国人に親しみを感じる(1つ選択、有効回答数8)

• 親しみを感じる:6

• どちらかというと親しみを感じる:1

• 親しみを感じない:0

• どちらかというと親しみを感じない:1


2.中国政府に親しみを感じる(1つ選択、有効回答数8)

• 親しみを感じる:0

• どちらかというと親しみを感じる:2

• 親しみを感じない:1

• どちらかというと親しみを感じない:5


3.私にとって日中と言えば・・・(キーワードを複数選択してもらう、有効回答数9)

• 政治・歴史:8

• エンターテイメント:2

• 食文化:4

• 旅行:7

• 人:4

• 経済(ビジネス等):5

• 文化全般:3

• テクノロジー・イノベーション:6

• 伝統文化:6


==============

ゲストトーク&参加者対話

==============


夏目さんからは中国社会の今を、

経済・文化・テック・教育という観点でお話をして頂き、

参加者からも多くのコメントや質問がありました。


==============

おすすめリソース

==============


毎度ゲストに聞くおすすめリソースとして、

中国残留孤児についての動画をご紹介します。


厚生労働省/MHLWchannel 中国残留孤児

https://www.youtube.com/user/MHLWchannel/search?query=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%AE%8B%E7%95%99%E5%AD%A4%E5%85%90


次回は10月23日午前10時から、

日本に住む中国人の皆さんからの日本に向けた視点を紹介します。

是非ご参加ください。


☆東アジア平和大使プロジェクトの概要と、

前回の様子はブログやWake Up Japanサイトよりご覧ください。


■2020年度:東アジア平和大使プログラム(※旧名称)をスタートさせました

http://dialogueineastasia.blog.jp/archives/6219822.html


■2021年度:東アジア平和大使プロジェクトv.1

http://dialogueineastasia.blog.jp/archives/9024724.html