【参加者募集/オンライン】9月14日(火)20:00-21:30 自分の視点で、日本と中国を見つめる:これからの日中関係 -東アジア平和大使プロジェクトv.5-[オンライン]

2020年より始まった、市民間から対話を通じて平和を作る、東アジア平和大使プロジェクト。


2021年第5回は、「清華大生が見た 最先端社会、中国のリアル」著者の、夏目さんをお迎えします。

■テーマ🎵 

自分の視点で、日本と中国を見つめる:これからの日中関係


約14億人の人口を抱え、日本における外国人で一番大きな割合を占めるのが、私達の隣国、中国。


経済、文化、学術と様々な交流がある日中ですが、

日本国内の内閣府による世論調査では、中国に「親しみを感じない」とする割合が半数を上回っています。


私達がもっている中国という国や人に対して、

一人の若い世代の目から、もう一度一緒に見つめなおしてみませんか。


以下、詳細です。

■日時🎵 

9月14日(火)

20:00-21:30 (JST)


■開催形態 🎵 

オンライン:zoom

ゲストトーク+インタラクティブセッション



■開催言語🎵

日本語



■費用🎵

ギフトエコノミー制度


Wake Up Japanでは、おカネのあるなしによって、社会や個々人の人生を豊かにする手法へのアクセスが制限されてしまうことはおかしなことだと考えています。そのために、イベント開催に際して、必要経費以上の参加費は集めていません。一方で、イベント開催にはオンライン通話のための契約など費用も少なからずかかっています。経済的に可能な方はカンパをお願いいたします。また、経済的に余裕がない場合でも、メッセージでの感想の共有は主催者を元気づけますし、将来の「出世払い」の約束なども歓迎です。詳しくはイベント後にお知らせしますので、カンパが可能な方はお知らせください。

■定員🎵

約30名程度


■参加申し込み🎵

以下のURLにアクセスをし、お申し込みください。

https://forms.gle/5NxUabxLDRg7HPq86


■リソースパーソン(敬称略)🎵

夏目英男(なつめひでお)


1995年東京生まれ、北京育ち。幼少期の大半を中国で過ごし、2013年中国・清華大学に進学。2017年清華大学法学院及び経済管理学院(ダブルディグリー)を卒業後、同大学院公共管理学院(公共政策大学院)に進学。卒業後、日本の政府機関で日本と中国をつなぐ事業に従事する傍ら、中国の若者トレンドや中国テックなどについての記事を執筆。現在は日本の独立系VCのEast Venturesにて投資先の支援業務などを行う。著書に「清華大生が見た 最先端社会、中国のリアル」など、執筆活動も精力的に行っている。


■東アジア平和大使プロジェクトとは?🎵

東アジア平和大使プロジェクトの概要は以下をご覧ください。


※スケジュールやプログラム内容は若干変更する可能性がございます。

東アジア平和大使関連ブログはこちら

・東アジア平和大使プログラムをスタートさせました(2020年度)

http://dialogueineastasia.blog.jp/archives/6219822.html


・東アジア平和大使プロジェクト2021年初回

https://wakeupjapan.jimdofree.com/report-20210605/



多くの皆様のご参加をお待ちしております。