top of page

【参加者募集/オンライン】8月16日(水)20:00-21:30 : 日本の戦争の記憶 -いま、私たちが話す忘れられた被害者たち-

更新日:2023年8月14日

2020年より始まった、市民間から対話を通じて平和を作る、東アジア平和大使プロジェクト。


当初計画を立てた3年を終え、2023年度のプロジェクトは4年目を迎えます。

3年間を経て、実施したプロジェクト内のイベントや取り組みは29個、約300名の方に様々な形で参画頂きました。


2023年からの3年間は、戦後80年を含む3年間。

東アジアの和解と共生をテーマに、世代や所属を超えた明日への願いの声を集め、市民社会から戦後80年談話を形成することを目標とします。


第二回となる本会は、history for peace設立者であり、初年度にもご登壇頂いた福島さんをお迎えし、日本の戦争の記憶について考え、意見交換をする場とします。

また、希望される方と一緒にスピンオフとし、8月15日午前、九段下付近にて靖国神社・千鳥ヶ淵戦没者墓苑を共に歩く企画も行います。

■テーマ🎵 

日本の戦争の記憶 -いま、私たちが話す忘れられた被害者たち-


8月という月に、皆さんはどんな感情を伴うでしょうか。

どんなことを想像し、どこへ足を運びますか。


東アジア平和大使プロジェクトでは、毎年、この月に「日本の戦争の記憶」をテーマにした企画を開催してきました。


日本全体で記憶した戦争は、様々な人を巻き込み、その痛みは現在でも存在します。

今年、戦後78年を迎える中で、history for peaceの福島さんを通して考えるのは日本の空襲被害者、旧植民地(朝鮮・台湾)出身の軍人・軍属の補償問題。


日本国内で戦争の記憶が薄れる中、日本という国における戦後の記憶とその論争について、自らの立場や役割を考えるきっかけにします。


■日時🎵 

8月16日(水)

午後20:00-21:30 (JST)


*スピンオフとして希望者は8月15日(火)午前に九段下付近にて靖国神社・千鳥ヶ淵戦没者墓苑を共に歩く企画も実施。詳細は後述。


■開催形態 🎵 

オンライン開催

*敬称略

  • 東アジア平和大使プロジェクトについて

  • ゲストトーク(history for peace 福島)

  • グループディスカッション

■開催言語🎵

日本語


■企画

  • 主催:NPO法人Wake Up Japan

■費用🎵

ギフトエコノミー制度


NPO法人Wake Up Japanでは、おカネのあるなしによって、社会や個々人の人生を豊かにする手法へのアクセスが制限されてしまうことはおかしなことだと考えています。そのために、イベント開催に際して、必要経費以上の参加費は集めていません。一方で、イベント開催にはオンライン通話のための契約など費用も少なからずかかっています。経済的に可能な方はカンパをお願いいたします。また、経済的に余裕がない場合でも、メッセージでの感想の共有は主催者を元気づけますし、将来の「出世払い」の約束なども歓迎です。詳しくはイベント後にお知らせしますので、カンパが可能な方はお知らせください。


■定員🎵

約30名程度


■参加申し込み🎵

以下のURLにアクセスをし、お申し込みください。


■リソースパーソン(敬称略)🎵


福島宏希(ふくしまひろき)


1982年東京生まれ。

「弱い者いじめをなくしたい」。子どもの頃からそんなことを思い、社会的弱者に集中してダメージを与える環境問題に関心を持つ。大学院修了後、環境コンサルティング企業や環境NPO等に勤務。環境省や国連の会議に委員として参加する。究極の非人道的行為である戦争をこの世からなくしたいと思い、2016年より太平洋戦争の歴史を伝えたり、いまだに解決していない戦後補償問題に取り組み始める。ウェブサイト「太平洋戦争とは何だったのか」(http://historyjapan.org/)を運営。若者が戦争の歴史を知り、平和な世の中を構築するために行動するための団体history for peace代表。趣味は釣り、農作業。


history for peace HP: http://historyforpeace.org/


■スピンオフ企画:8月15日🎵

WUJでは過去、同じ季節に日本の戦争の記憶を象徴する場所の一つである九段下(靖国神社・千鳥ヶ淵戦没者墓苑)にてフィールドワークや関連企画を実施してきました。

今年も8月15日午前、九段下付近にて靖国神社・千鳥ヶ淵戦没者墓苑を共に歩くスピンオフ企画を実施します。


ご参加を希望される方は、以下概要を確認し、お申し込みください。


<日時>

8月15日(火)

朝9時~11時頃


<場所>

東京・九段下(靖国神社・千鳥ヶ淵)


<参加費>

なし(ギフトエコノミー制)


<開催言語>

日本語(必要あれば英語も対応)

*If you cannot speak Japanese, please let us know. We might able to conduct this in English upon your request.


<参加者>

最大10名(原則先着順)

参加者はWUJ運営メンバー数名とhistory for peace 福島氏。


<開催形態>

本企画はツアーや討論企画ではありません。

任意で一緒に同じ場所を歩く(個人の信条や気持ち、感情を大事にする)企画です。


<参加申し込み>

以下のURLにアクセスをし、お申し込みください。


※様々な立場や思想の人を歓迎しますので、それぞれが個人の信条や立場に基づいて行動し、他の参加者に何かを強要するようなことは実施しません。また、そのような行動をとる参加者についてはご参加を遠慮いただく場合もあります。


■東アジア平和大使プロジェクトとは?🎵

2020年より始まった、WUJの年間プロジェクト。

東アジアの次世代が「近くて、遠い」と言わない社会をつくる、を理念に掲げています。

事業期間中は毎月イベント開催し、東アジアの和解と共生に関わる人々の対話と連携と場を創出します。


東アジア平和大使プロジェクトの概要は以下をご覧ください。

※スケジュールやプログラム内容は若干変更する可能性がございます 東アジア平和大使プロジェクト

東アジア平和大使関連ブログ

・東アジア平和大使プログラムをスタートさせました(2020年度)

・東アジア平和大使プロジェクト2022年初回


多くの皆様のご参加をお待ちしております。


bottom of page