top of page

【参加者募集/都内開催】7月7日(金)19:00-21:30 : 東アジアとわたしたち-今日からつくる、絆と行動-

更新日:2023年6月9日

2020年より始まった、市民間から対話を通じて平和を作る、東アジア平和大使プロジェクト。


当初計画を立てた3年を終え、2023年度のプロジェクトは4年目を迎えます。

3年間を経て、実施したプロジェクト内のイベントや取り組みは29個、約300名の方に様々な形で参画頂きました。


2023年からの3年間は、戦後80年を含む3年間。

東アジアの和解と共生をテーマに、世代や所属を超えた明日への願いの声を集め、市民社会から戦後80年談話を形成することを目標とします。


今年度の第一回となる本会は、東アジアの和解に関し、興味や関心、思いを寄せる個人・団体の皆様を集め、カジュアルに意見交換と連携を深める場にします。


■テーマ🎵 

東アジアとわたしたち-今日からつくる、絆と行動-



「近くて、遠い。」

この言葉を次世代が言わない社会を創る。


それをプロジェクトの理念に掲げ、東アジア平和大使プロジェクトは2020年より始動しました。

私たちは、地理的に近い一方で、なぜ心理的に遠いのか。


日韓のシャトル外交や、互いの国における食文化やエンタメ分野の交流。

盛んに見える三か国間の連携は明るい未来を私達に想像させる一方で、ふと世論調査に目を向けると、互いの国民感情は望ましくない状況が続いています。

例えば、内閣府の世論調査においては、東アジア地域における互いに対する国民感情が「親しみを感じない」とする回答が半数以上を占める状況が続いています。


これからの時代。私たちが望む世の中はどんな世の中でしょうか。


本会では、国や世代、所属によって異なる文脈と価値観に触れながら自分自身の考えを整理し、相手との違いに気づく時間とします。


特に、東アジア地域の市民から作る和解に対しWUJや他団体・個人の理念・取り組みを知ることで、参加者一人一人が明日の社会に対して希望を持ち、何かしら行動を起こしたいと思う連携の場の創出を目指し、東アジアに対して思いや興味関心のある個人・団体の参加を歓迎します。

■日時🎵 

7月7日(金)

午後19:00-21:30 (JST)


■開催形態 🎵 

都内開催(軽食を準備しております)

  • 東アジア平和大使プロジェクトについて

  • ワークショップ(全員参加型)

■開催言語🎵

日本語


■企画

■費用🎵

ギフトエコノミー制度


NPO法人Wake Up Japanでは、おカネのあるなしによって、社会や個々人の人生を豊かにする手法へのアクセスが制限されてしまうことはおかしなことだと考えています。そのために、イベント開催に際して、必要経費以上の参加費は集めていません。一方で、イベント開催にはオンライン通話のための契約など費用も少なからずかかっています。経済的に可能な方はカンパをお願いいたします。また、経済的に余裕がない場合でも、メッセージでの感想の共有は主催者を元気づけますし、将来の「出世払い」の約束なども歓迎です。詳しくはイベント後にお知らせしますので、カンパが可能な方はお知らせください。


■定員🎵

約30名程度


■参加申し込み🎵

以下のURLにアクセスをし、お申し込みください。


■リソースパーソン(敬称略)🎵

NPO法人Wake Up Japan 東アジア平和大使プロジェクトメンバー


■東アジア平和大使プロジェクトとは?🎵

2020年より始まった、WUJの年間プロジェクト。

東アジアの次世代が「近くて、遠い」と言わない社会をつくる、を理念に掲げています。

事業期間中は毎月イベント開催し、東アジアの和解と共生に関わる人々の対話と連携と場を創出します。


東アジア平和大使プロジェクトの概要は以下をご覧ください。

※スケジュールやプログラム内容は若干変更する可能性がございます 東アジア平和大使プロジェクト

東アジア平和大使関連ブログ

・東アジア平和大使プログラムをスタートさせました(2020年度)

・東アジア平和大使プロジェクト2022年初回


多くの皆様のご参加をお待ちしております。


関連記事

すべて表示

【ご報告】高麗大学にて東アジア平和講話&ワークショップを開催しました

Wake Up Japanでは、国内の活動だけに留まらず国際的な活動を実施しています。 Asian Leadership Conferenceに続き、韓国・ソウルの高麗大学のCAMPUS Asia Dayにて、副代表理事/東アジア平和大使プロジェクト企画担当の長川が東アジア平和についての講話とワークショップを実施しました。以下、報告をします。 詳細は長川個人のブログに掲載予定です。http://d

Comentários


bottom of page