top of page

【ご報告】2024年渡米現地調査訪問

Wake Up Japanでは、社会変革の事例を学び、日本での活動をよりよくするために現地調査訪問事業を行っています。この度、2024年2月21日から27日まで鈴木洋一が渡米し、アメリカで開催されているIMPACT National Conference(以後IMPACT)への参加、およびダラスのムスリムコミュニティ訪問を行いました。



IMPACTは、今回で40回目の開催となる社会変革とキャンパスをテーマにした数日間のカンファレンスです。社会を変えたいと願う学生、教職員、NPOスタッフが集まり、全体会、分科会などを通じて、知識やリーダーシップを分かち合い、またつながりを深めます。2024年は大統領選挙も予定されているため、社会の中にある分断をどのように乗り越えようとしているのかを知るためにカンファレンスへの参加を決めました。


IMPACTは、毎年会場が異なり、また多くの場合は大都市ではありません。これは社会を変えるという種まきを地域から行っていくという意図があるように思われます。IMPACTには2015年から2020年まで毎年参加をしていました。新型コロナウイルスの感染拡大以降は初となる渡米でした。コロナの感染拡大前と比べて、IMPACTの参加者から「交差性(Intersectionality)」という言葉をよく耳にしました。交差性については過去のカンファレンスでも言及はされていましたが、今回ほど多く耳にしたのは初めての経験でした。おそらくコロナ禍の中で「特権」や「交差性」を強く意識する機会が社会としても多くあったのではないかと思います。

IMPACTでは、数多くのワークショップが開催されますが、今回はセルフケアや燃え尽きないための組織文化、熟議的討議、コロナ前後における学生向けの働きかけ、難民受け入れ文化をキャンパスからどのように育むかなどのワークショップに参加をしました。いくつか、今後の日本での活動にも行かせそうな出会いやお土産もいただけました。


また、IMPACT終了後は途中経由地のダラスにて、かつて国際NGOオックスファムの学生向けプログラム参加者であったパキスタン系アメリカ人のおうちに滞在し、その方の案内でダラスのムスリムコミュニティへの訪問も行いました。ガザでの危機や分断に対して暮らしの中でどのように人々が助け合い、地域コミュニティで活動をしているのかはとても心を動かされました。

今回は、クラウドファンディングを用いて、渡航にかかる費用のサポートのお願いを行いました。 2月27日までのクラウドファンディングサイトへのカンパ及び、直接の口座振込へのカンパをあわせて、56名の方々に総額で328,586円(クラウドファンディング214,586円、振込114,000円)のサポートをいただきました。予想以上に多くの皆様にサポートをいただけて、経済的にも緩和されましたし、それ以上に、つながりやコミュニティを感じることができました。


なお、渡米に関してのオンラインで報告会を以下の日時で開催します。より詳細な報告にご関心のある方はぜひご参加ください。


2024年渡米報告会

3月5日(火) 21:00-22:00

くわしくは、以下のURLよりご確認ください。


IMPACT各日程での詳細の以下の通り報告記事はSyncableの活動レポートに掲載しています。よろしければ、そちらもご覧いただけたら幸いです。


IMPACT1日目


IMPACT2日目


IMPACT3日目


IMPACT4日目


最後になりましたが、Wake Up Japanでは継続的に活動を応援いただける方も募集しています。

継続カンパは現時点で2つ受付をしています。1つ目は、Wake Up Japanの活動全体に関するカンパで、年額1,000円から受け付けています。2つ目は、仲間たちと取り組んでいるオックスファムのフェアトレードの輸入などを行っているプロジェクトの基金です。フェアトレードなどエシカルやサステイナビリティに関する啓発をユースの経済的な負担が少ない形で実施していきたいと考えています。こちらは年額5,000円から受け付けています。Wake Up Japanでの活動をより展開していくうえで、経済的なサポートは大きな助けになります。ご検討いただけると大変うれしく思います。https://syncable.biz/associate/wakeupjapan/donate/membership



Comments


bottom of page