top of page

【活動報告】5月27日(月): 三菱HCキャピタル株式会社でのフェアトレード啓発活動

NPO法人Wake Up Japanでは、社会正義についての日本社会での意識向上をめざして、エシカルとサステイナビリティプロジェクトを展開し、フェアトレード商品の販売、掲示や問いかけを通じた意識啓発、教材作成やイベントの開催を行っています。

 

5月27日(月)に、三菱HCキャピタル株式社の丸の内オフィスにうかがい、意識啓発のための展示や啓発活動および、フェアトレード商品の販売活動を行いました。Wake Up Japanのほかに、フェアトレードコットンイニシアティブさまや、わかちあいプロジェクトさまの商品も販売されていました。

お昼休みを利用して実施しましたが、約60名の役職員の皆さまにお立ち寄りいただきました。

今回は、団体紹介に加えて、フェアトレードに関するシールを使ったアンケートと質問を用いた記述式アンケート、さらには、神奈川県逗子市や東京都世田谷区のフェアトレードタウン運動を含めたフェアトレードに関する活動の掲示を行いました。役職員の皆さんの暮らしの近くにあるフェアトレードについても知る機会になればと考え、出展をしました。

お立ち寄りいただいた役職員の皆さんと会話をしながら、楽しく出展活動ができました。

5月はフェアトレード月間であり、第2土曜は「世界フェアトレードデー」として、フェアトレード活動に注目が高まっています。また、5月の1カ月間に「商品購入」や「ソーシャルメディア投稿」、「イベント参加」などでフェアトレードに関するアクションの実施を呼びかける、ミリオンアクションキャンペーンが展開されており、Wake Up Japanはその趣旨に賛同し、チラシの配布も行いました。

 

Wake Up Japanでは、日常生活の中で立ち止まり、エシカルやサステイナビリティを考える機会が重要だと考えています。

来週も三菱HCキャピタル株式会社の別のオフィスで出展活動をしますので、多くの社員の方と交流できることを楽しみにしています。








0件のコメント

Commentaires


bottom of page