top of page

【開催報告/東京】11月25日(土):つながるワークショップ(ユースグローバルなんみんフォーラム)

スイスで4年に一度開催される難民に関する国際会議「グローバル難民フォーラム」。

関連したイベントとして11月25日に「ユースグローバルなんみんフォーラム」が開催され、Wake Up Japanはその中の「つながるワークショップ」に実施協力としてかかわりました。



私たちの生きる世界には数多くの問題があり、それぞれの問題に取り組む人々、ユースがいます。

日本社会では分野を超えて社会をよくしたいと願う人々がつながる機会が少なく、そうした状況がコレクティブ・インパクトや連帯を阻害する要因になっていると考え、このワークショップは、問題解決を目指す人々、ユースが集い、気持ちの面でつながり、今後に向けた関係性を育む場になっていけばと考えて、企画されました。



Wake Up Japanは、企画の目的やその目的追及のためのコンテンツ作成において、主催団体のユースなんみんプラットフォームのメンバーと打ち合わせを重ねて、実施のサポートを行いました。


当日はWake Up Japanの鈴木洋一がサポーターとして協力し、冒頭の安心の場づくりやアイスブレイキングを担当し、また進行の補佐も行いました。



ワークショップでは、それぞれの人々が問題意識を持つ社会問題について少人数ごとに分かち合うグループワークと実際に社会問題に取り組むユース団体による発表と交流から構成されました。

参加者からは「これまでこうした問題意識についての思いを分かち合う機会に巡り合うことがなかったので、とても良い機会だった」「普段は移民難民分野で活動をしていないので部外者なのかとも思っていたけれども、話してみたら近い考えをしていることも知れてよかった」といった感想をお寄せいただきました。


Wake Up Japanでは、ユース団体やユース活動家の支援を通じて、日本の市民社会の強化に貢献したいと考えています。ご関心のあるユースやユース団体の方は是非お気軽にお問い合わせください。

コメント


bottom of page