Sankaku_05.jpg

藤沢さんかく農園
プロジェクト

"地球は偉大である。

なぜならば、種を植えて、少し面倒を見れば、

私たちに恵みを与えてくれるから。"

ある活動家がこのように話していました。

土や森、海は人類が生活する中で重要な存在でしたが、

現代社会、特に、都市に住む人々にとっては、

その距離が開いてしまった方も多いのではないでしょうか。

Wake Up Japanでは、神奈川県藤沢市で活動している「さんかく農園」と
連携し、農業体験と話し合いから、社会のこと、人間のことを振り返る企画
を実施しています。

Sankaku_04.jpg

チェンジ・リーダーが始めた農園

Wake Up Japanが実施する社会変革リーダーシップ開発トレーニング CHANGE。2011年に国際NGOオックスファムが日本で開催し、2019年からはWake Up Japanが引き継いでいます。

神奈川県藤沢市にある「さんかく農園」は、学生時代にCHANGEに参加していた若者が中心になってはじめた、
農、食、人をつなぐ取り組みです。

農園では、「生産から消費をより公正に」「農園を包摂的な参加の場に」という思いをもって活動がされています。

Wake Up Japanとしても、よりよい社会を目指して活動する仲間をコミュニティとして支え、同時に、よりよい社会に向けた実践の機会として、藤沢さんかく農園プロジェクトを始めました。

農園という場を使って、頭で考え、話し合うだけでなく、土に触れ、体を使って人や社会、地球とのつながりを振り返る機会を定期的に設けています。

 

​農作業と対話

Wake Up Japanの「藤沢さんかく農園プロジェクト」では、

だいたい月に1回、さんかく農園でのイベントを開催しています。

イベントでは、さんかく農園についての主旨説明や安心の場づくり、自己紹介をした上で、農作業についての説明を受けます。30分程度の農作業では、草刈りをしたり、土を耕したり、種を植えたり、収穫をしたり、その時期に合わせた農作業を行います。

農作業をしながら会話が始まることもあります。

農作業の後には、ベンチに腰掛け、農や食、社会についての話し合いや振り返りを行います。

Sankaku_14.jpg
Sankaku_17.jpg

​さんかく農園をもっと知りたい方へ

さんかく農園についての理念や思いについては、

農園のウェブサイトをご確認ください。

さんかく農園

https://sankaku-noen.square.site/

Wake Up Japanのイベントと予定が合わない場合は、個人やグループで農業体験を予約することも可能です。

Sankaku_12.jpg
Sankaku_16.jpg

藤沢さんかく農園プロジェクト    
​からのお願い

藤沢さんかく農園プロジェクトでは、さんかく農園に相談したうえで、

農園での活動が充実するように環境整備を進めています。

これまでに廃材を利用した小屋や物置を作ったり、階段スロープを整えたりしました。

Wake Up Japanの「藤沢さんかく農園プロジェクト」へのカンパにご協力をお願いいたします。

 

​集まったお金は、イベント運営やさんかく農園でのイベント実施のための環境整備に用います。

【振込先情報】

▼郵便振替

記号 10930

番号 11719691

名義 ウェイクアップ・ジャパン

​※「藤沢さんかく農園プロジェクト」専用の口座となります。

▼ATM

銀行名   ゆうちょ銀行

種別    普通

店番    〇九八支店

口座番号 1171969

名義    ウェイクアップ・ジャパン

​※「藤沢さんかく農園プロジェクト」専用の口座となります。